• KAWASAKIおんがえしプロジェクトスライド1枚目
  • KAWASAKIおんがえしプロジェクトスライド2枚目
  • KAWASAKIおんがえしプロジェクトスライド3枚目
  • KAWASAKIおんがえしプロジェクトスライド4枚目
  • KAWASAKIおんがえしプロジェクトスライド5枚目

2016年に始動した「KRP=Kawasaki Repayment Project カワサキおんがえしプロジェクト」。三陽工業を育ててくれたKawasakiオートバイに「何か恩返しがしたい」という想いで誕生したプロジェクトです。2018年から「KRP三陽工業&RS-ITOH with VISSEL KOBE」としてVISSEL KOBEとコラボをし、三陽工業が懸け橋となる事でさらなる可能性を求めてチャレンジしています。

2021年は全日本ロードレース選手権への参戦自体を撤退しました。しかし、Kawasakiの雄「RS-ITOH」の「JSB1000クラスでKawasakiのバイクを走らせ続けたい」という想いを受けて、2022シーズン三陽工業は復活しました。ライダーにはスーパーバイク世界選手権(SBK)参戦、MotoGPテストライダーを経験しているベテランライダーの柳川明選手を起用。

RS-ITOHの「Kawasakiのバイクで戦いたい」という想い
柳川選手の「向上心が消えない限り生涯現役」という想い
そして「Kawasakiへ貢献したい」という三陽工業の想い

この4つの想いを乗せてKRP三陽工業&RS-ITOHは再スタートします。皆さま改めて、応援よろしくお願い致します。

三陽工業「人には無限の可能性がある」

三陽工業株式会社
代表取締役 井上直之

RS-ITOHは埼玉県東松山市にて、国内最高峰のレース「全日本ロードレース選手権」やロードレースの祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に参戦を続けているバイクショップです。走ること、戦うことを自分の生き方として選ぶ、言葉にするのは簡単です。 しかし、それを実現することは容易ではありません。 RS-ITOHは、どんな逆境にも屈せぬ強い意志を持った仲間が集まり、 国内最高峰のカテゴリーである「全日本ロードレース選手権」や、 ロードレースの祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に参戦しています。

モータースポーツの世界においても、新型コロナウィルスによって多大な影響を受けたことは言うまでもありません。2年連続で世界選手権の鈴鹿8耐が中止になるなど、数年前には思いもしなかった出来事です。
しかし、光のさす未来に向かって「レースの情熱」を持ち続け、この試練を乗り越えること。今こそRS-ITOHの情熱が試されているのだと思います。

2022年もRS-ITOHは「レースへの情熱」を枯らすことなく、モータースポーツという活動の中で皆様に笑顔をお届けできるよう、チーム一丸となって、全力で戦って参ります。

RS-ITOH「レースへの情熱」今こそ試されている

RS-ITOH代表 伊藤一成

RIDER

名前
柳川 明(YANAGAWA AKIRA)
生年月日
1971年7月15日
出身
鹿児島県出身

今年もJSBクラスにフル参戦するチャンスを頂きました。年齢を言い訳にしないよう日々フィジカルトレーニングは欠かしていませんが、更に上位での争いができるようもっと貪欲に色々なことにチャレンジしていきます。応援してくださるファンの皆さまや支援して頂いている企業の皆さまに楽しんでいただけるようなレースを、チーム一丸となってお届けしますので今シーズンも応援よろしくお願いします。

2022年 レーススケジュール 2022 RACE SCHEDULES

大会名 日程 場所 結果
MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第1戦
日程4月2日・3日

場所モビリティリゾートもてぎ

結果を見る
MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第2戦
日程4月23日・24日

場所鈴鹿サーキット

結果を見る
MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第3戦
日程5月21日・22日

場所オートポリス

MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第4戦
日程6月4日・5日

場所スポーツランドSUGO

MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
鈴鹿8耐
日程8月6日・7日

場所鈴鹿サーキット

MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第6戦
日程8月27日・28日

場所オートポリス

MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第7戦
日程9月17日・18日

場所岡山国際サーキット

MFJ 全日本ロードレース選手権シリーズ
第8戦
日程11月5日・6日

場所鈴鹿サーキット

全日本ロードレース第1戦 モビリティリゾートもてぎ
4月2日・3日 結果発表

レース結果

JSB1000クラス LACE1 10位
JSB1000クラス LACE2 10位

ライダー

柳川 明

2022年の全日本ロードレースはモビリティリゾートもてぎからスタート。
ツインリンクもてぎから名前が変わったことに、サーキットについてから気が付きました。それもそのはず、三陽工業が全日本ロードレースへ参戦するのは2020年ぶり。木曜日からサーキット入りをしてた私は、久しぶりに感じるサーキットの雰囲気に胸が高鳴りました。
しかし、木曜日から天候が悪く、気温の低いレースウィークに。4月とは思えない寒さの中でしたが、柳川明選手そしてチームスタッフは一丸となりレースに挑みます。土曜日に行われたレース1、そして日曜日に行われたレース2共に10位でチェッカー。まだまだ、全日本ロードレースはスタートしたばかり。皆様の応援がチームの力となっています。いつもありがとうございます。引き続き、KRP三陽工業&RS-ITOH with VISSEL KOBEの応援どうぞよろしくお願い致します。

  • ロードレース写真1枚目
  • ロードレース写真2枚目
  • ロードレース写真3枚目
  • ロードレース写真4枚目
  • ロードレース写真5枚目
  • ロードレース写真6枚目
  • ロードレース写真7枚目
  • ロードレース写真8枚目
  • ロードレース写真9枚目
  • ロードレース写真10枚目
ロードレース写真1枚目サムネイル ロードレース写真2枚目サムネイル ロードレース写真3枚目サムネイル ロードレース写真4枚目サムネイル ロードレース写真5枚目サムネイル ロードレース写真6枚目サムネイル ロードレース写真7枚目サムネイル ロードレース写真8枚目サムネイル ロードレース写真9枚目サムネイル ロードレース写真10枚目サムネイル

全日本ロードレース第2戦 鈴鹿サーキット
4月23日・24日 結果発表

レース結果

JSB1000クラス LACE1
#9柳川 明12位
#68松﨑 克哉18位

JSB1000クラス LACE2
#9柳川 明9位
#68松﨑 克哉20位

ライダー

#9柳川 明
#68松﨑 克哉

柳川明選手と松﨑克哉選手、2台体制で挑んだ全日本ロードレース第二戦鈴鹿サーキット。土曜日に決勝レース1、日曜日に決勝レース2と今回も2つのレースが行われました。今回のレースウィークも天候がいまいち。そんな中、両選手共に大奮闘。日曜日の決勝レース2はレインコンディションの中開催されましたが、スタート直後柳川選手が5番手を走行。応援している私達にも力が入りました。最終的には9位でのチェッカーとなりましたが、シングルフィニッシュをすることが出来てとても嬉しく思います。(セーフティーカーが入っていなければ・・・。)引き続き、KRP三陽工業&RS-ITOH with VISSEL KOBEの応援よろしくお願い致します!

現在、RS-ITOHでは2回目のクラウドファンディングに挑戦中。私達と一緒にRS-ITOHを応援しましょう!
【Kawasaki 「RS-ITOH」 28年目! 本気の挑戦プロジェクト】⇒コチラ

  • ロードレース写真1枚目
  • ロードレース写真2枚目
  • ロードレース写真3枚目
  • ロードレース写真4枚目
  • ロードレース写真5枚目
  • ロードレース写真6枚目
  • ロードレース写真7枚目
  • ロードレース写真8枚目
  • ロードレース写真9枚目
  • ロードレース写真10枚目
ロードレース写真1枚目サムネイル ロードレース写真2枚目サムネイル ロードレース写真3枚目サムネイル ロードレース写真4枚目サムネイル ロードレース写真5枚目サムネイル ロードレース写真6枚目サムネイル ロードレース写真7枚目サムネイル ロードレース写真8枚目サムネイル ロードレース写真9枚目サムネイル ロードレース写真10枚目サムネイル